銅製品

製造実績製造実績

製品実績1 製品実績1 製品実績2

2次コイル

電極ハウジング

2次コイル

製品実績3 製品実績1 製品実績2

接続金具

T型分岐

正側端子

製品実績3 製品実績2 製品実績1

接触片

端子金具

接触片

製品実績3  

トランスアダプター

銅鋳物の特徴銅鋳物の特徴

特徴紹介

銅の鋳物の製法としては、砂型鋳造、金型鋳造、連続鋳造、遠心鋳造、ダイカスト、高圧鋳造などがありますが、当社では砂型鋳造により製造しています。

原料となる金属は地金と呼ばれますが、当社は純99.9%以上の「CAC103」の規格に対応するため、1号銅線(通称ピカセン)を使用しています。高い純度を実現することにより、導電率80%以上を達成することができます。

JIS規格JIS規格

1.適用範囲
  一派用純銅鋳物

2.種類及び記号

種類 記号 用途例 導電率
1種 CuC1 羽口、大羽口、冷却板、熱風弁、電極ホルダー、一般機械部品など 50%以上
2種 CuC2 羽口、電気用ターミナル、分岐スリーブ、コンタクト、導体、一般電気部品など 60%以上
3種 CuC3 転炉用ランスノズル、電気用ターミナル、分岐スリーブ、通電サポート、導体、一般電気部品など 80%以上

3.品質

3-1外観:純銅鋳物は、鋳肌が良好で、使用上有害なきず、割れ、鋳巣などの欠陥があってはならない。

3-2化学成分

種類 Cu Sn P
1種 99.5以上 (0.4以下) (0.07以下)
2種 99.7以上 (0.2以下) (0.07以下)
3種 99.9以上 (0.04以下)

純銅鋳物に適した部品純銅鋳物に適した部品

高導電率を必要とし、鋳造加工や切削加工では困難な形状の部品。導体、端子、ターミナル、電極、コイル等

お問合せ先

サカエ金属株式会社
〒557-0062
大阪市西成区津守3-6-36
E-Mail dou@sakaekinzoku.biz
お問合せ・見積り